ヴォーカル&ヴォイストレーニング
     スウィートドリームス


ミックスボイスについて


 日本では声の種類をおおまかに、地声、ウラ声で分けるのが一般的です。専門的に見れば少々乱暴な分け方ですが、それでも説明は可能なのでそういう前提で話を進めましょう。ミックスヴォイスとは簡単に言えば地声とウラ声を混ぜた中間的なキャラクターの声で、ウラ声並みに高い声が楽に出せて地声並みに張りや芯があります。

 ただし私達はレッスン時、特にミックスヴォイスという名称でこの声を特別扱いしていません。きちんと基礎を勉強すれば高音域ではこの様な発声パターンに入るのが当然だからです。どの音楽ジャンルでもそれは一緒です。ロックでもジャズでもクラシック(男声)でも上手な人の高音には少なからずウラ声の要素が聴き取れます。ミックスヴォイスはいろいろな形で昔から存在していました。


まず徹底した呼吸法とエクササイズ


 この声が欲しい人は、まず徹底した呼吸法やエクササイズによってミックスヴォイスを導き出してくれる息のバネや声帯の活力を高めて下さい。ミックスヴォイスには身体の準備が必要です。

 身体とは胸部〜下半身の呼吸エリアはもちろんの事、声帯を囲む喉頭エリアや、共鳴のフォームを支えるポイントとなる頭部エリアも含まれ、それぞれのエリアを(単独あるいは連携させて)発展させるトレーニングがあります。

− このページのTopへ戻る −

さらに地声とウラ声それぞれの基礎的な発声


 ミックスヴォイスの材料である地声もウラ声も、基礎練習によってそれぞれワンランク上の発声を手に入れて下さい。良い材料を合わせるから良い完成品が出来るのです。それぞれが極上なら極上のミックスヴォイスになります。Bランクの材料を使えばミックス自体難しくなり、例え出来ても輝きや伸びには欠けてしまいます。

 練習する時の意識としては、地声をベースにしてウラ声の要素を混ぜて行くのでもオーケーですし、逆にウラ声ベースの意識で地声を混ぜて行くのでもオーケーです。上手くいきそうな気配があればどちらか一方だけを練習しても構いません。ストレートな意識で直接ミックスボイスに照準を合わせるのも悪くありません。地声ベースなら男声でミドルCの少し下のA辺りから、女声でその5度上のE辺りから半音ずつシフトアップすれば楽に始められるでしょう。ただし始めの5、6音はただのウォームアップで、まだ有効な練習ではありません。

 ウラ声をベースにするなら次の説明で推奨する声質をつかむ事がまず先決です。

− このページのTopへ戻る −

裏声には2つの種類ある


 最初に地声と裏声という分類は少々乱暴だと述べました。そのままの認識だと、多くの人が持つ「ミックスボイス=地声と裏声を混ぜる」というイメージは必ずしも練習を助けるヒントにならないのです。ここで少し裏声に対する認識を改め、より有効なヒントに近づきましょう。

 さて、裏声と一言で言っても実際はいろいろな段階の裏声があります。まず最も地声から離れた声質に位置する純粋なファルセットという声があります。薄く繊細な美しい響きです。これを第1の裏声としましょう。

 次にソウル系やロック系のシンガーが高音でシャウトする時の声を思い浮かべて下さい。これも裏声です。あるいは裏声の比率の非常に高いミックスボイスです。この時の裏声あるいは、ミックスボイスのベースとなっている裏声、これは先程の裏声とは随分違う音質の声です。これを第2の裏声としましょう。ミックスボイスに直接関わるキャラクターはこちらの第2の裏声の方です。多くの人は裏声というと先にあげた純粋なファルセットをイメージするため、そちらの裏声と地声を混ぜようとします。しかしこの2つの真反対の声質を直接近づけると、声はひっくり返ってしまいます。(ヨーデルの様にあえてそれをやる歌唱法もあります)

 第2の裏声とてミックスという作業が簡単な訳ではありません。多くの場合、慣れるまでは何度もひっくり返ります。スムースなミックスのため是非お勧めしたいのが、この第2の裏声をそれ単体である程度発達させてやるという事です。それには呼吸のサポートも必要ですし、喉のリラックスも必要です。

 第2の裏声を発達させるにはその声を使うことです。ただこの声は裏声とはいえ意外に喉を使うので慣れるまでは練習時間は5〜10分位までにしましょう。また静かな音量から始めて充分にウォームアップする事も必要です。ウォームアップが済んでも普通の音量を心がけ無理に張り上げません。ある程度の期間練習を続けて、慣れてきたら少しずつフォルテでも出してみましょう。

 本校では特定の母音や子音を使ってこの響きを成長させるための練習や、リラックスしたまま声を強く支えてくれる首と頭蓋の角度を感じるコツなど、補助的なメニューも合わせてレッスンします。

 ただし、すべての基本となるのは安定した呼吸法である事を覚えておいて下さい。初歩レベルの単純な腹式呼吸でミックスヴォイスを支えるのは無理です。レベルの高い呼吸法が必要になります。ミックスヴォイスに限らず、全身のインナーマッスル(深層の筋肉)で柔らかく呼吸を支える事こそ自由な発声のカギなのです。このレベルの呼吸法は呼吸とシンクロして声の響く準備が整えやすく、喉にも余計な力が入りません。

 呼吸法次第で、素晴らしいミックスボイスや、自由な表現への扉が大きく開かれます。呼吸法の影響がいかに大きなものであるか、是非「これが本当の呼吸法」を参照下さい。柔らかく、しっかり意識して吐く事で息の多い響きになり、地声から硬さが取り除かれます。緊張した呼吸からでは柔らかく吐けません。響いていると息が多くても不思議と声が長く伸びます。

 余談ですが、第1の裏声と呼んだ純粋なファルセットも訓練次第で繊細で美しいキャラクターのまま強く発展させる事は可能です。支えを得れば純粋なファルセットもジャンルを問わずその利用価値は非常に高いものです。実際には第2の裏声との間に中間的なキャラクターの裏声が多数存在します。

 裏声を使う人は両方を鍛えておけば、楽曲に合わせて虹の様にあらゆる声色が紡ぎ出されます。

− このページのTopへ戻る −

SWEET DREAMSとは

ミックスヴォイスについて

これが本当の呼吸法

手掛けたプロ/取引実績

デビューバックアップについて

声優・俳優・アナウンサーの方へ

体験レッスンONホームページ

Q&A

お問い合わせ

カリキュラム

レッスンコース

無料案内書請求

Copy Right SWEET DREAMS
Since 2000

正当なCSSです!